このコーナーはあくまでお遊びです。真剣になって、真面目に見られても困りますので、ご了承を。

Ray Andersonのアンブシュア考

というわけで、まずは演奏姿勢から見てみましょう。
写真1写真2

写真1をご覧下さい。非常に前傾姿勢ですね。しかも上半身のみ。
マイクのスタンドが低かったのでしょうか。しかしこの時の音はハイAです。非常に攻撃的です。
別アングルから見てみましょう(写真2)。ソロがエキサイトすると、右足が上がるというところが特徴です。

写真3写真4

さて、左と右の写真で、違う部分はどこでしょう?って、一目瞭然、アンブシュアです。
左がロートーン、右がハイノートです。
だいたいハイD以降に左側へ移行しますね。

だからどうしたと突っこみたいでしょうが・・・このロートーンの位置からハイトーンへの移動が実に素早い。
瞬時に左右に移動してます。この移動に欠かせないのがどうやら大量の唾液のようです。ヌラっと光ってます。

またハイノートの時の位置で、右側のフリーになった唇を使い、あの小さなMPであるにもかかわらず、とんでもないペダルトーンを吹くのです。
そして、時には理解不能なタンギングと(なぜ右ほほ上が動くのか?)、「もしかして吹いてるのではなくて吸ってるのでは」と思うような吹き方をするのです。すごい・・・
とにかく、真似しようたって真似できないこの吹き方を、真似してみましょうと思いましたが・・・真似して良いのは姿勢位にとどめておいたほうが良いでしょう。自分自身を見失いそう・・・アンブシュア壊しそう・・・など、いろんな危険要素満載です。
でも真似できたら格好良いよね・・・なんて思うのは私と零骨かさい氏だけでしょうか?

最強のトロンボーン奏者を作るのだ!!」(β版)

まぁ、要はいいとこ取りで合体させたら、出来ました〜、て感じのノリです。
まずは
JJ.Johnson+Ray Anderson÷2=Ray Ray Johnson
Bopも吹ける、ラップも歌える。かつ凶暴なサウンド。これ最強。
次に
Bill Watlous+Ray Anderson÷2=Bill Anderson
音のデカイ、ビル・ワトラス(そいつは意味がねぇ!!)
Dave Taylor+Bill Watlous=Dave Watlous
嫌がる楽器に奥深く挿入する姿はまるで野獣ですね。体躯のデカイ巨顔オカッパ、でも音はちーさい。
(そいつは もっと意味がねぇ!!)
とりあえず最後に
Steeve Tulee+Dave Taylor÷2=Steeve Taylor
○吹きも得意です。
おまけ
Dave Taylor+Ray Anderson+JJ.Johnson×冒険1000mg-世間体40%=デイブ・テーラーもどき
ってなとこで。

零骨かさい氏提供

Robin Eubanks&Delfaiyo Marsalis&Clifton anderson÷3=Robin Delfeayo Anderson
本人たちより兄貴&叔父さんの競演を聴きたい。
・・・失礼かしら?



なにか思いつくネタあったらBBSかメールにて。まってるYO。

あなたがもし楽器だったら、絶対コイツには吹かれたくない

アンケートを募集しています。みなさんはいつも楽器を吹く側です。ここで発想を逆転し、「使われる身」となって考えてみましょう。
たとえば、自分の技術を棚に上げていつも音の悪さを楽器のせいにしている奴。これって、チョブスな女が高飛車な態度をとって、しかもイイ男を選ぼうとする姿に似てませんか?
あるいは、あなたが会社のOLだとして、会社の研修旅行で沖縄に行ったとします。で、海で泳いでいたら足がつっておぼれ、意識を失いました。で、たまたまそこに油ギトギトお口臭さ〜の中年セクハラオヤジの上司に人工呼吸をさせられそうになりました。ここであなたが助かり、その後中年セクハラオヤジの上司に恩を着せられる位だったら舌を噛んでイッた方がましと思いませんか。また、そのオヤジがへたくそだったら、あなたは死んでも死にきれない思いをすることでしょう。
(オヤジたまんな〜いっ、っていう方に目覚める可能性もあるでしょうが当研究会では研究対象外とします)


吹かれたくない人:
ビル・ワトラス
「彼ったら、私の中にあの黒くて太いモノを奥深くまで入れたがるの。そんなに長時間はイヤ!って言うんだけど、許してくれなくて、プレイ中ずっとなの。そりゃ、彼のテクニックは最高よ。舌使いなんかスゴくて・・・。でもね、奥深く入れないとからっきしなの。一度で良いから俺は抜いても凄いんだっ!てところを見せて欲しいわ。」

このテのネタでしたら、やはり「
D.テイラー」が強烈ではないでしょうか。
「彼の左手の中指の手つきったらとってもいやらしいの。私の大事なところをコキコキ動かされると、私変になっちゃう。それに親指と中指での同時攻撃で私いつもよりアソコがしびれるの。なんか遠くへ飛んでいく感じ。しかも彼ったらそんなときこそいつもより息が荒いの。もう、私このままじゃ体が持たないわ。」
吹かれたくない人:スティーブ・トゥーレ
「彼ったら、私を彼好みのボディにさせたくて、わざわざ日本に行かせておきながら、たくさん浮気をしているの。そりゃ、彼は男よ。浮気の一つや二つは大目に見てあげたいの。でもね、彼の浮気相手ってちょっと違うの。それもたくさん並べてはべらかして取っ替え引っ替え。ときには3P4Pの吹きまくり。しかもそいつに突っ込む手つきったら嫌らしいの。奥深くまで突っ込んでるんだから。もう、ケダモノ!!」

最近更新!!
吹かれたくない人:
デイブ・バージェロン
「彼ったら、私とするときは必ず道具を使うの。道具プレイよ。やめてって言っても、むりやり挿入してくるの。それも違う穴なの。しかもプレイ中はずっといじってるの。そうなったら私、ふつうじゃなくなっちゃう。でも嬉しくないんだよね。正直言うとだまされたって感じかな。最初は舌使いが凄いって思ってた。でも、道具を使っていたことに気づくのが遅かったわ。ハメ撮りされてはじめて知ったって感じ。あんなの自分じゃない。どうしてかな?私が細くて小さいから?・・・知ってるんだ。彼って太くてデカいタイプとの相性がばっちりだってこと。」

・・・・・このネタに関する解説が必要な方はここをクリック(トロンボーンだけにネタがトロンボーン吹きしか分からない内容ですいません。)

伸縮自在。。の家さんよりの提案により「この人に吹いてもらいたい!!
吹いてもらいたい人:
さとう珠緒と安部なつみ
だそうです。

ちなみに管理人はというと
吹いてもらいたい人:
釈由美子と日高小夜(謎)
日高小夜は吹くのがうまいんです???
一緒にデュエットしたいものです。


夜の「バヅィング」夜の「Doo-Dleタンギング」講座

この2つは、1人では練習が出来ません。パートナーが必要です。もちろんおっぴろげてくれる女性がいてこそ、可能な練習です。
方法は至って簡単。「下の」マウスピースにしっかりとあなたのお口を当て、いい音を鳴らしましょう。

注1:あまり日中、しかも朝からの練習はあなたの健康を損ねるおそれと社会的地位がだめになるおそれもありますので、ほどほどに。
注2:練習のやりすぎに注意しましょう。また、同意を得てから練習しましょう。
注3:目的意識を持って練習に励みましょう。
注4:場合によっては音楽も「騒音」となってしまいます。ご近所への配慮も忘れずに。ミュートを使うのも効果的です。